渋い話し(自分が見えていない)

最近、思いますが、

人とは、ほーーーーーーんと自分のことばかり考える生き物です。

私もそうですが、人に見える事が自分では見えません。

それは後ろ姿のようで、自分では見えないけれど人には容易に見えてしまいます。

だから、気をつけなければいけないものですが、

これがなかなか難しいのです。

自分の行動は、自分本位で

人に優しくすることはできても、それ以上に自分がかわいい。

見ようとすれば後ろ姿も見えるのでしょうか?

鏡でも使わなければ無理だし、誰かに教えてもらわなければ知りえません。

この「誰か」というのが実は大切だったりします。

その「誰か」はあなたにいますか?

その「誰か」を敵と間違え、遠ざけたりしていませんか?

言われたら嫌だ!言って欲しくない!と思うことを言ってくれる人が

案外、あなたの「誰か」かも知れません。

子供を叱らない親が増えています。

そして、当の親以外の人は言います、子供を叱らないでどうする?

良い悪いをしっかり教えないでどうする?

そうです、「誰か」を遠ざけている人は、叱られない子供と同じではないでしょうか?

誰しも嫌な思いはしたくありませんが、それもまた成長です。

成長はいくつになっても出来るものです。

分かっています、が難しい・・・・

私自身にむけた渋い話しです。

今一度、成長しようと思っています。

うん!!