バリアアリーについて考えた。

先日テレビで見たのですが、

今、お年を召した方の介護センターで

「バリアフリー」ならぬ「バリアアリー」が注目されているそうです。

とってつけたような名前ですが・・・

施設の中に、あえて急な階段があったり

廊下が若干の上り坂になっていたりするのです。

食堂にいたってはわざと通りにくいように障害物があるんです。

お年を召した方が、普通なら使わないだろう筋肉を

ちゃんと使えるように作ってあるんだとか。

入院している母をお見舞いに行った時、いつも思っているのですが

ベットの上からほとんど動かないので、「なんか体が弱ったなあ」と。

人手がいるから出来ないのでしょうが、

母も歩いたり、動いたりするほうが元気になるような気がします。

けど、前、トイレに行こうとして転んで顔にすごく大きなたんこぶを作ったからな・・・

やっぱり、そんなことを考えたら、ベットでおとなしくしていたほうが良いのかとも・・・

骨折でもしたら大変です。

そんな中で、上記のような「バリアアリー」はかなり

周りが気を使うでしょうね。

けど、体が動かないような人が確実に元気になっているんですって!

お家もどうなんだろう?とテレビを見ながら考えたんですよ。

楽に楽に、と思って創る場合が多いじゃないですか?

手すりとか安全のために必要だと思いますが、

ちょとした段差とか、少しだけ上のものを取る様にする、とか

なくした方が良いのか・・・あった方が良いのか・・・

久しぶりにまじめに考えてみました。

施設ではきちんと資格があったり、お勉強している人がいるから

それも出来るのであって、

考える必要もないのかも知れませんが。

さて、今日次のイベントの粗品が来ました。

スーパーの買い物かごにすっぽり入るエコバッグです。

これが欲しかったんですよ!

あ、いや、主婦の方は欲しいのではないかと・・・

買い物かごにすっぽり入れたら、スーパーの方が勝手に良い感じに入れてくださるので

このままひょいと肩にかけて持って帰れば良いんです。

自ら入れ替える手間がはぶけます。

そんなわけで、イベントに遊びにきてくださいね~^o^

お願いしま~~す!!

トヨタホーム中国のホームページはこちらから

http://toyotahome-saikyo.jp/