カメラマンさんの写真撮影!私の相棒を少しでもカッコ良く撮ってほしくて・・・

昨日、チラシか何かの撮影でカメラマンさんがいらしたんですよ。

一通り撮り終えた後、「これで良いですか?」と

撮った写真を見せてくださいました。

私は、すごく遠慮がちに、「すいませんが、玄関からシューズクローゼットを入れて一枚撮っておいてくれませんか?」

そう、撮っていただきました。

「それから一枚、リビングを外のテラスを入れて外側から撮っておいてください。」

カメラマンさん、「外のテントがジャマで上手く撮れないな」などと言いながら

頑張って撮ってくださいましたよ。

そう!私は思いましたね、やっぱりこの展示場の事は私が一番知っている・・・・・・と。

だって、こころ展示場は、私の「相棒」なんだから。

「据え付け」と呼ばれる、こいつが産み落とされる瞬間から

私はずーっと、この「相棒」と一緒です。

チラシ作りの時、ブログる時、なんかの度に、何度も写真を撮ってきたし

何をどうすれば良いか、いつも考えながら

私は「相棒」を見ている。

だけど、カメラマンさんはプロだよ~。

よく、私の言うことを聞いてくださいました、ありがとうございました!

リビングとか撮る時には、下目から撮ると

テーブルとかの上の面が見えないから分かりにくいんだと。

上の面が少しでも入った方が良いんだって。

お勉強になりました。

私の相棒はこちらからご覧になれます。

 http://toyotahome-saikyo.jp/free/1201.html