独立タイプの2世帯住宅「シンセ・フィーラスニコリズム」。3世代住まうということ。

先日、東京都知事の選挙がありました。

その選挙戦のさなか

演説を見て思ったのです。

人を魅了する演説とはいったいどんなものなんだろう・・・と。

そしてまた、その逆とは・・・

なにをもって人は人を判断するのだろう・・・と。

 

もしそれが分かったなら

私の人生に少しはためになるのではなかろうか・・・と。

 

しかし、たった一つ以外は分からなかった・・・

その一つは、語弊があるかもしれないのでちょっと言えませんが。

 

さて、トヨタホームでは1月末に

こころ展示場の「シンセ・フィーラス」の新バージョン、

独立タイプの2世帯住宅「シンセ・フィーラスニコリズム」

を発表いたしました。

コンセプトは

「いつもはそれぞれ。ときどきいっしょ。」

朝ゆっくりの親世帯、

出勤や通学の準備で忙しい子世帯。

いつもは生活パターンを考え別々で生活、

土曜日の夜などゆっくりできる時間は

家族全員一緒にコミニュケーション。

要は、あまり干渉せずに通じ合うってことですね。

 

「親のことは気になるけど同居はどうも・・・けど頼りたい。」

「気を使うのはちょっと・・・けど距離は近い方が」

お子様もおばあちゃんやおじいちゃんとのかかわることで

思いやりや生活に必要なことを覚えていけるし

お母さんが働いていても安心です。

同居のストレスからも開放されますよね。

 

詳しくはこちらをご覧ください。

http://www.toyotahome.co.jp/special/nicorism/

 

2世帯をお考えの方はご要望にあわせたプランをご提案いたします。

トヨタホーム各展示場にお越しください。

こころ展示場では、全館空調「スマート・エアーズ」で

お越しをお待ちいたしております。