来展された仲の良いお客様に思わず心がほっこり。

本日、トヨタホームでお家を建てられるご予定のお客様が

等身大のこころ展示場を見にいらっしゃいました。

アスタ展示場の担当のお客様なんですけどね。

 

なんかすごくステキなご夫婦とお子様だったんですよね。

お子様はくったくがなく素直そうで

お母様の手を取られたら

必ず空いているもういっぽうの手でお父様と手をつなごうとされます。

いつもお子様を間にして

手をつないで歩かれるんだろうな、と思いました。

 

お風呂をご覧になった時は

お子様が湯船に入って「あん、あん」とお母様を誘って

(お子様は1歳なのでまだお喋りできないんです)

お母様が湯船に入られました。

そして今度は「あん、あん」とお父様を誘って

あれあれ、湯船に3人入られました。

そうしたらお子様はとっても嬉しそう。

なんか、やさしい女の子だなぁと思いました。

 

お母様はお子様の目線で接しておいでで

いや、目の高さだけではなく行動も。

 

f:id:toyotahomekokoro:20130523142920j:plain

2Fのホールがお子様のプレイルームになっていて

車の形をしたボールハウスがあり

たいていのお子様は大好きで、この中に入って遊ばれます。

このお子様も入って遊ばれていました。

そうしたら、お母様も座って上半身ををボールハウスの中に入れて

お子様と話されていました。

初めて見たんです、

ご自身がこの中に体を入れてお子様と遊ばれているお母様を。

その場で「ステキなお母様ですね」と言いそうになりました。

お子様を見ていたら、

多分、甘やかすだけの親御さんではないのも分かります。

 

お子様のくったくのなさに思わず、

「かわいいお顔に似合わずおてんばさんですね」と

言ってしまいました。

いや、そのおてんばも非常に控えめなおてんばぶりだったのですが

頭などたびたび、ごっつんされるのです。

しかし、泣かれるわけでもなく

痛さより、次の行動の方に興味があるらしく

そのたくましさも、非常にほほえましいものでした。

つい、「おてんばさんですね」などと失礼なことを言ってしまいましたが

ご両親とも笑って流してくださいました。

 

やっぱりお帰りの際も手をつなぎ帰られました。

なんか、本日は心がほっこりなる日となりました。