「エネルギー“0”(ゼロ)の家づくり」の記事のお話し。


トヨタホーム中国カンパニー広島支店では

月に一度、「目からウロコ」の家づくりセミナーを行なっています。


セミナーで、時々

「失敗しない土地選び」の講師をしていただいている山本聡平氏

コミュニケーションバンク株式会社の出されている

「いえ活通信」というタブロイド版の新聞で

私は、結構お勉強させていただいています。


7月号の

「エネルギー“0”(ゼロ)の家づくり知っていますか?ZEH(ゼッチ)」

を食い入るように拝読いたしました。

いろいろな工夫によって住まいで使うエネルギーを

“0”(ゼロ)にする住宅の情報です。


電気代がかからないだけではなく

環境負荷低減や健康リスク低減という付加価値も

持っているそうです。


具体的には、

高い断熱性と高い機密性を持つ構想躯体で

省エネ設備を導入し、生活で使うエネルギー消費量を減らした上で

さらに太陽光発電などの創エネルギー設備を設置し

エネルギーをすべて賄えるようにします。


詳しく書いてある中には 私が以前、断熱性のことをブログりましたが

同じような事も書いてありましたよ^o^


高断熱・高気密の躯体にしておくのが

コストの面でも、健康の面でも

大きなメリットがあるそうです。

住まい全体に温度差が少なく、

夜昼の温度差も少ないことから

血圧上昇などを抑え、心疾患なども防げるというものです。


そして躯体にプラス、

太陽光発電などで自宅でエネルギーを創り出すのです。

今、スマートハウスの市場が伸びているそうです。

また、HEMSの普及も急速に進んでいるそうです。


しかし太陽光発電スマートハウスやHEMSとなると

初期投資もばかになりません。

すべては難しいという方ももちろんいらっしゃるでしょう。

そうであれば、新築時に躯体部分だけはしっかり創っておき

設備などは後に、という方法もあります。

将来的な要望までを住宅事業者に相談してみてはいかがでしょう?

また、国では省エネルギー化について様々な支援策を用意しています。

これらの活用についても検討することが大切です。

と締めくくってあります。

ふむふむ、と読みました。

分かりやすく書いてある新聞ですなぁ。


人生に、2軒3軒とお家を建てられる人には関係ないでしょうが

その、建てる家が長く住む大切な家だとしたら・・・

考えなくてはならない大事なお話しです。



もしトヨタホームでお建ていただいたなら

後悔はさせません!


と一言いわせていただいて私はペンを置きます。


ん? ペン?・・この辺がおばさんくさい・・・ペンじゃないし・・

じゃ、この辺で、ストップ・ザ・タイプ。


f:id:toyotahomekokoro:20140706172744j:plain

え?それもどうなん・・・・?





トヨタホーム中国カンパニーへは

http://toyotahome-saikyo.jp/

初めてこころ展示場に来て「ブログを見た」と言っていただけば

マックカード差し上げます。