家出しても帰りたくなるような「家」を建てたい。

すごいです!

雨が降っているし雷が鳴り響いています。

怖いなぁ・・・

うら若き乙女をこんな状況で・・・一人で・・・

かわいそうに・・・


あ、うら若くないから、大丈夫だけど・・・=3


広島市内です。

川みたい。

f:id:toyotahomekokoro:20140707125849j:plain


さっきアスタのべっぴんさんから

「怖いね、大丈夫?」と電話がありました。

アスタのべっぴんさんの方が、私よりうら若いから心配。


さて、私は小学生の3年か4年の頃

家出を決行したことがあります。

母に叱られたことをまた繰り返してしまったか

身に覚えのないことで叱られたか

恐らく、そんなことだったろうと思います。


「なんで分かってくれないんだ!」などと思いながら

黙々と歩きました。


当時、小学校まで4キロの道のりがあり

私はその小学校さえ越えて、さらに歩きました。


お腹がすいてきて、疲れてもきて、

頭の中では、折り返して帰る時間の計算を始めていました。

「いいや、今日は本気だ!帰るものか!」

と思った瞬間に

振り返り

走りました。


「おかあちゃ~ん!!」と叫んでさえいたかも知れません。

急いで家まで帰りながら

「心配しているかも知れない、やっぱり私があやまろう」

などと思い、

家が遠い気がしました。

まだ、着かない、

もっと早く引き返せば良かった


家が見えてきて、涙が出て

帰ったとたん・・・・


母に・・・叱られました・・・

「あんた今何時じゃ思うとるんね!!」


もう、叱られても良い!

「ごめんなさい!」と素直に言えました。


帰りたかった、この暖かい家に。

叱られても、つらくても、何があっても

ここに帰ると

家は両手を広げていてくれる。


皆様にとっても、

そんなお家になって欲しい。

私たちが建てる家が・・・

トヨタホーム中国カンパニーです。


CMか!

はい、そうです。


あ、家出の話しは本当です。

心配して優しくしてくれるかと思ったのに

帰ったらまた叱られてしまったけど

なぜだか嬉しい思い出として残っています。


本当のCMはこちらです。

http://toyotahome-saikyo.jp/