地価は上昇傾向に?

東京や大阪・名古屋の3大都市圏では

住宅地価が6年ぶりに上昇したらしいです。

これは、住宅ローン減税や低金利に加え

景況感の改善などが要因のひとつだそうです。

広島は下がっていますが

その下落幅は少なくなってきているようです。

この傾向を考えると

今後、土地の上昇は続きそうです。

住宅取得を計画している人は

その時期を十分検討する必要がありそうです。


とは、私が愛読している

コミュニケーションバンク㈱の発行されている

「いえ活通信」の情報です。

まあ、愛読していると言っても

あったら読む程度ですが

昨今、物を読むということから遠ざかっている人が多い中

なかなか、偉いんじゃあないですか?私。

(自分で言うか・・・)


今はネット社会でネットに言葉を入れると

情報はとり放題です、良くも悪くも。


今朝、テレビで中高生は雑誌を読まなくなった、と言っていました。

1ヶ月のうち、全く雑誌を読まない中高生はほぼ半分。


いや、私も読まないような気がします。

自宅に無料で来る、西広島タイムスをかろうじて見るくらい。

雑誌じゃないけど・・・

定期的に読むものとして。

あと、この「いえ活通信」

仕事がら、ためになることが書いてあります。

しかも、分かりやすく。

この、「分かりやすい」っていうのが良いんですよ。

トヨタホーム広島支店の

「目からウロコの知って得する家づくりセミナー」くらい分かりやすいです。

嘘だと思ったら来てみてください。

(どこかの麺の宣伝みたい)

話しはどんどんそれますが・・・


良好な住環境を求めて住宅の需要が動き

3大都市圏で地価が上昇したらしいのです。


確かに、国土省が発表した

都道府県別・用途別対前年平均変動率の表を見ても

ほぼ、全ての県が前年の変動率より下げ幅は縮小しています。

住宅ローン金利も確かに低いし

腰をあげようと思う人もいるでしょう。

賃貸代金を支払っている方は

特にもったいないですから。

賃貸にいくらかプラスで払えば

マイホームも夢じゃない!

地価が上昇傾向ならなおさらです。


そして消費税はどうなるのでしょう?

国会は「こっけい」なことしかしていないし・・・

会計をちゃんとするなんて当たり前のことだし

審議しなくちゃいけないことがいっぱいあります。

頑張って欲しいです。

広告を非表示にする