トヨタホームのお家が建つまで NO3 こころ展示場15期エスパシオ編

トヨタホームこころ展示場です。

先日、こころ15期の「上棟」がありました。

シンセの時の「据え付け」と同じような意味です。

工場でつくられた鉄軸が基礎の上に建てられる日です。

なぜ呼び方が違うかというと

上棟とは

柱や梁などの基本となる構造が完成して

1番高い棟木を設置する一連の作業のことです。

エスパシオは、柱と梁を組み立てる作業なので

「上棟」と呼んでいます。

シンセは、柱や梁は工場内で生産され

出来たユニットを基礎に据え付ける作業なので

「据え付け」と呼んでいます。

住宅メーカーなので、

そういう呼び方とかも大事にしたいもんです。


さてこの日は、工場で生産された鉄軸を

クレーンで吊って組み立てていきます。

f:id:toyotahomekokoro:20150117150605j:plain

ほー!すごいですね。

いつも思いますが、クレーンを運転する人は

非常に技術があります。

ま、当たり前と言われればそうなんでしょうが

電線とか、ひょいひょい避けて

そこに電線があることなんか感じないほどの腕前です。


こんな感じでで出来ました。

f:id:toyotahomekokoro:20150119141618j:plain

f:id:toyotahomekokoro:20150116162836j:plain

キレイですね。

どうですか? 頑丈そうでしょう?

「鉄骨ですけどっ!!」ってな感じで

ほんと安心で、「お家を支えるぞ!」って風です。

またここで妄想さんは鉄骨とお話をしてしまいそうでした。


足場をかこむシートの向こうに

少しだけ凛とした姿が透けて見えます。

f:id:toyotahomekokoro:20150116163108j:plain

これが鉄骨部分です。

f:id:toyotahomekokoro:20150111143514j:plain

こうやってつなぎます。

f:id:toyotahomekokoro:20150111143521j:plain

中規模地震にはラチス材が外力を受け止め

大規模地震にはラチス材が曲げ変形することで外力を吸収し

建物の崩壊を防ぎます。


エスパシオは、少ない耐力壁で

一般的な鉄骨軸組み工法と同等の強度を確保できます。

この特性が柔軟なプラン対応や

リフォーム時の制約の少なさなど

数々のメリットを生み出しているのです。

部材選びや部材加工のあらゆるプロセスに

住まいの寿命を伸ばすあらゆる工夫をしています。


ここから外装・内装などの工事をしていきます。


シンセのユニットより、もちろんいろんな工程があります。

随時ご報告いたしますのでお楽しみに。


こころ展示場にお越しいただいて

「ブログ見たよ」と言っていただけば

ちょっと良いもの差し上げます♪