読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

省エネ住宅ポイントを簡単に書いてみました。国の支援策は国民のため。

トヨタホームこころ展示場です。

住宅についてのまじめな話しをたまには書こうと

思案中です。


「省エネ住宅ポイント」

過去2回実施され、今回復活したのが

住宅エコポイント」です。

名前は「省エネ住宅ポイント」となり復活しました。

名前だけではなく中身も若干変わったのですが

新築住宅についてはほぼ従来通りです。

エコ住宅の新築について、

「一定の省エネ性能を有する住宅の新築に対して

いろいろな商品等と交換できるポイントを発行する」制度です。


対象住宅の性能要件等:

トップランナー基準等を満たす住宅

②断熱等性能等級4等を満たす木造住宅  等

等、等、等が多いです!

トップランナー基準とは

省エネ法で定める「住宅事業建築主の判断の基準」を指すらしいです。

住宅のトップランナー基準で重要視されるのは、窓や外壁の断熱性や気密性。

詳しく書けばいろいろあるのですが

すいません、インターネットでも調べられるのでそこは省略します。

省エネのために、いろいろな性能基準があり、

それは等級に分かれていて、高くなるほど性能が良くなります。

それがこの制度にいろいろと設定されているので、

等という字が多くなっているものと思われます。

尚、ポイントを申請する際には

登録住宅性能評価機関等の第3者機関による証明を受ける必要があります。


発行ポイント数はエコ住宅の新築で、30万ポイント。

(1ポイント=1円相当)なので30万円分ですね。

貰ったエコポイントは

省エネ・環境配慮商品や商品券への交換のほか

追加工事などへの即時交換も可能です。


対象期間は、

平成27年2月1日26年12月27日以降に契約し

平成28年3月31日までに着工、

(平成26年度補正予算成立以降に工事を完了すること)

となっています。


他にも金利優遇、税制面等で

住宅の新築の際の支援策が目白押し!

もっと書きたいのですが、

長くなるのでまた今度。

フラット35S」や「贈与税非課税」など

家を取得するための、国の手厚い支援策が充実です。


納得の住宅づくりのために、

国の策をかしこく活用することも考えてみませんか?

せっかくおトクになる支援策なのですから ^o^