トヨタホームは、グループごと、クオリティごと皆様の安心安全な住まいのために高品質にこだわりたい。

トヨタホームこころ展示場です。

本日は何がなんでもトヨタホームのことを書きます。

女に二言はありません。


トヨタは1926年自動織機を起点とし

7年後の1933年に自動車製造に着手いたしました。

それ以降「みんなの幸せを創生する」為の

いくつもの事業に取り組んでまいりました。

そういう気持ちから生まれたトヨタホーム

だからこそ

家族の幸せのための「いえづくり」を目指しています。


トヨタグループの始祖、豊田佐吉翁さんの実家は大工さんだったのです。

豊田佐吉翁さんは数々の特許を取られました。

当時外国の金属製の織機は非常に高価だったので

木製でそれをつくりコストを下げて売り

まあ、かなり儲かったわけです。

それで織機工場をつくり

大学を卒業された息子の喜一郎さんがその会社に入られました。

喜一郎さんはその片隅で自動車をつくり始めました。

つくり始めました、と言っても並大抵の努力ではなかったのですよ。

ま、この辺は以前放送されたリーダーズを見たんですけど・・・

一からの物づくりのいうのは本当に大変なことなのです。

何もかもが手探りのわけですよ。

それを、織機にせよ自動車にせよ、そして家にせよ

どうしたらもっと良くなるか

ニーズに答えられるか

試行錯誤の繰り返しのわけです。

そして、追い求め、培われた技術が生まれ品質が生まれ

トヨタという信頼が生まれたのです。

そして、自動車、環境、IT・・・

トヨタグループの各社の技術を融合し

家づくりの未来を、理想の品質を追い求め挑戦し続けます。


ちょっとちょっと、それはそうなんですけど

話しがだんだん大きくなり過ぎて・・・書くには・・

手に負えなくなってまいりました。


私目線に戻します。


トヨタホームトヨタグループの総合力が集結しているのです。

世界から信頼される「トヨタクオリティ」を住まいに取り入れています。

エネルギーをコントロールするHEMS

電気を蓄える蓄電池

電気で車を充電、EV・PHV充電器

自動車エンジンの振動対策を応用したダイナミックダンパー

家計と環境に優しいエコキュート

省スペース省電力のホームエレベーター

防犯と通風を実現した電動エアリーガード

自動車のイモビライザーを応用したラ、ロック

窓の施錠、開閉状態を一目で確認窓施錠モニター

などです。


トヨタクオリティだから

工場でつくる家は高品質でバラツキがなく

隅々まで正確かつ丁寧な作業が確実に実施できる仕組みで

ものづくりが行われるのです。

自動車で培われたトヨタ生産方式

家づくりにふさわしい生産方式です。


そして工場でつくるといっても

ものをつくるのは人。

当然その育成には力を入れているわけです。

人の技術と意識を高めることこそ

トヨタクオリティなのです。

皆様のより良い住まい、いえ、より「暮らしやすい住まい」のために

トヨタホームは グループごと、クオリティごと

皆様の安心安全な住まいのために

特に高品質にこだわりたいと思います。


トヨタホームは思っている、と私は思います。


熱く語りました。

本日はペンがスムーズに進みました。

(はい、ペンじゃなくてキーボード!)

これはカタログではないので

私の個人的な主観の入った

私なりのトヨタホームの自信の持てるところです。


お見知りおきを!