トヨタホームは工場生産にこだわります。スタッフはエキスパート!

トヨタホームこころ展示場です。

ポカポカです。

春の陽気・・・・と思いきや

月曜日からまた寒くなるって? ホント?

桜はその寒さが終ったら

待ってました!とばかりに咲くらしいです。

 

一年で、なんか一番ホッとするような季節です。

動物も、植物も、川も、空も

ようやっとこさ腰を上げて活動し始めるように見えます。

そこここであくびをしながら

「おはようございます」

「あ、ごぶざたです」なんて聞こえてきそうですね。

 

さて、トヨタホームは工場生産です。

工場で家をつくります。

それはなぜでしょう?

 

トヨタホームは高品質の住まいをお届けしたいと思っています。

工場には高品質生産ができる環境があります。

コンピューターで一元管理された最先端ファクトリー。

(ファクトリーとは、工場・製作所という意味です。

じゃあなんで工場、って書かないんだ?と聞かれた場合

文章の前に工場って書いているからしつこいかと思ったからです(‐_‐;))

 

工場は、高品質を追及するため

作業が行いやすい環境をつくれるよう

作業が効率よくできるよう

非常に綿密につくられているのです。

それに工場だと、雨など天候の影響を受けにくいから

安定した品質が保てます。

 

そして

トヨタ独自の生産システム。

トヨタの生産方式がトヨタホームの生産現場にも活かされています。

 

そしてかなりこだわって私がよく書く

エキスパートの育成です。

 

工場内の専門技能レベルを向上させるなど

現場のスタッフも含め、個々のエキスパートを育成しています。

一人ひとりが各工程でこだわりの技術を伝承された熟練者です。

(この部分はパンフレット引用)

これ、どういう意味か分かりますか?

ただ、仕事をこなせば良いと思っているわけではないのです。

納得する仕事をする、ということでしょう。

と私は思っています。

納得して、「これなら!」というものをお客様にご提供するのです。

大事なことです。

 

あ、工程とか書きたかったのですが

長くなると読むのがたいぎくなられるかも知れないので

また次回に。

たいぎいとは広島弁でめんどくさいみたいな感じです。

大儀から来ています。