読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

消費税・相続税・物価が上昇の中、品質の良い住まいが評価され国の支援が手厚くなっています。

トヨタホームこころ展示場です。

 

日々美人になれるお茶を飲んでいる私です。

多分もう少しでなれるはずです。

ウキウキします。

後はしわをのばすお茶と・・・

シミを消すお茶と・・・

脂肪を取るお茶と・・・

バストアップ、ヒップアップするお茶と・・・

ついでに頭の良くなるお茶と・・・・

だったらついでに目のよくなるお茶・・・

待って!骨を強くするお茶も・・・

・・・・・・・

そうなったらそろそろまた美人になれるお茶に帰って・・・・

 

えーと、皆様もご存知の通り

東京オリンピックのメイン会場が思わぬ建築費の増加で

変更を余儀なくされています。

 

建設コストもなにげに上昇していますし

また消費税・相続税なども引きげられる時期を迎えています。

世の物価も上昇傾向。

テレビではバターが上がった油が上がったと告げられ

10月からソースも値上がり?

家計の負担は増すばかりです。

住まいづくりの負担もそれにともなって大きくなっています。

 

しかし一方では、品質に優れた住まいが正当に評価され

国の支援が手厚くなるなど

住まいによって、大きく負担感が異なるのも事実です。

 

お給料は上がらないのに負担が増え続ける今

幸いにも住宅取得の支援策は目白押しで

まさに、高品質住宅取得は今がチャンスです。

 

年金が将来どうなる?と言われており

まさかもらえなくなるのでは?との不安も広がっています。

資産としての高品質住宅には実は年金的な期待もあります。

自宅を担保にして老後の資金を融通してもらい

契約期間満了または死亡時に

自宅売却で返済に充てられるものが登場し

銀行などが取り扱いをはじめ

さまざまなサービスも登場し注目を集めています。

 

いろいろな災害を機に

大規模災害への対策がますます求められるようになりました。

地震への備えも重要視されています。

 

住まいづくりには耐震性はまず考えるところですが

大規模災害への対策はもちろん

災害の後、平常時と時系ごとに生活を持続させるための

対策や取り組みが必要になってきます。

 

新築住宅を建てる際は

「資産として残せる住まい」を選ぶ、という選択があります。

2009年の長期優良住宅の施行によって

”質”を重視した長寿命な住宅を増やす施策へと

国の住宅政策も変わってきました。

それに伴いさまざまな補助制度や

優遇策などで高品質住宅が普及するよう図られています。

長期優良制度では

耐震性・劣化対策・維持管理更新性・可変性

高齢者対策・省エネルギー性・居住環境

住宅面積・維持保全計画の9項目に

住宅履歴の適切な管理についての基準を満たし認定されると

補助金住宅ローンの金融優遇などさまざまな特典があります。

その特典は少々のものではありません。

 

トヨタホームは「スムストック」住宅で

優良で長く資産価値を維持することが可能です。

建てた家の価値が正当に評価されれば

住まいが資産となりいざとなったら活用できます。

 

将来の生活をじっくり考えながら住まいづくりをすることも

大変たいせつになってきています。

 

 

マジメに書いたら頭が痛くなった。

美人になれるお茶飲もうっと!