こころ展示場に雪が降りました。 

トヨタホームこころ展示場です。

 

広島地区は本日は非常に寒いです。

昨日あたりから本格的な冬~!!

 

寒い寒いと思っていたら

さすがこころ!

f:id:toyotahomekokoro:20151127135250j:plain

雪です。

 

トンネルを抜け、

まっすぐこころに来ていたら

「あ、雪」

遠くの山が白くなっているではありませんか。

f:id:toyotahomekokoro:20151127135308j:plain

展示場に着いたら

山だけじゃない!

積雪1センチ?いや朝は2センチくらいあったのかな?

もう解けていました。

f:id:toyotahomekokoro:20151127135301j:plain

 

冬ですね。

寒いのが嫌いな私は

早く春になれと願うばかりです。

(え?今から?)

そう、寒いのが大嫌いなの。

外に出ないで食べてばかりいるから。

ヤバい!!

 

この世の食べ物はホント美味しすぎるから

それでなくでも、食べ物のことばかり考えている私。

特に冬は動かないから

神経が食べ物にいってしまう。

 

忘年会もこれでもか、というほどある。

お正月は実家の兄嫁が調理師免許持っていて

ご馳走のオンパレード!

 

これで食べるな、というほうが無理・・・

 

おまけに動かないときている。

どこに痩せる要素があるんだ。

 

ほかの人はどうしているのだろう?

冬でも痩せた人はいる。

いや、ほとんどの人は

デブではない!

じゃあ私はほかの人と何がちがうのだろうか・・・

 

記憶がなければ良いのに。

食べ物が美味しいという記憶がなければ

食べたいとは思わないのではなかろうか。

 

はー!!こんな分析をする時点で

むなしい。

 

話がそれた。

そう、雪だ。

こころ展示場の近くは

冬は3回くらい結構な雪が降ります。

子供たちが雪だるまを作れるステキなところです。


寒いのが嫌いですが、

それでも子供のころは、そこは子供。

毎日雪遊びをしていました。

 

私の田舎は広島県ですが

県北の吾妻山という山がある、

非常に山の上の、ものすごく田舎でした。

雪が降ると車は動かず

カンジキといって木のわっかで作ったものを足に履いて

雪の上を歩いていた記憶があります。

ちょっと待ってください、これです。

f:id:toyotahomekokoro:20151127142240j:plain

これを靴につけて雪の上に上がると

沈まないんです。

で、雪の上を歩けるんです。

父が作ってました。

ま、昔ですよ。

 

なつかしいなー!

その辺にある肥料袋で滑っていました。

肥料袋をお尻の下にひいて滑るんです。

雪がテカテカの氷みたいになって

ものすごいスピードが出るんです。

テカテカの氷みたいになるから人が滑ってけがをするから

家の前の道路では絶対禁止だったのですが

遠くに行くのが面倒臭い時

よく家の前の道路でやって

こっぴどく怒られていました。

おばあちゃんが滑って転んだ時は反省したな。

ま、3日くらいですが。

 

飼料袋用に、お尻が痛くないように

おばあちゃんが座布団のようなものを作ってくれ

「これを敷いて滑ったらお尻がいたくないから」と

すぐダメになるので、何枚も作ってくれました。

そんなおばあちゃんをけがさせるなんて最低!

ま、子供だったんで。

冬になるといつも思い出す思い出です。

 

さ、事務所の片づけでもしようっと。

 

訪問のチラシも作らなくちゃ!

 

お仕事お仕事!!

雪が降っても、風が吹いても

トヨタホームのお家はびくともしないから

寒~い!とか言わないで働こうっと。

 

また、明日。