読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

トヨタホーム株式会社中国カンパニー広島営業所の送別会。

トヨタホームこころ展示場です。

 

先日、トヨタホーム株式会社中国カンパニー広島営業所の送別会がありました。

送別会は大切なものであり

移動していく人や、新たな道を歩き出す人に

「お疲れ様でした。ありがとう」

そしてまた「お世話になりました。頑張って」と伝える会ですから。

 

その会場は、中国カンパニー広島営業所の近くにあり

私は始めていきました。

最初に、鯛の塩釜焼きが出てきました。



f:id:toyotahomekokoro:20160327104819j:image

ちゃんとメッセージも書いてあって

感動いたしました。

最近は塩釜焼きに文字を書いたりするらしいです。

あ、前からあったのかもしれませんが

私は初めてみました。

 

それを近くにいた吉島展示場の田中店長が

見事に叩き割り


f:id:toyotahomekokoro:20160327104801j:image

 

私たちは皆でいただきました。

 

いつも思うことですが

こういう、皆でお食事するとき

性格がでますよね。

 

ボーっとしている私や皆に

お魚をきれいにほぐして取り分ける人(田中店長)

取り分けられたお魚を

「私取り分けたりするの苦手ですから~」などと言い訳をしながら

ひたすら食べる人(私)

遠慮する人(誰だ?)

何もしないのに隣りのまで食べる人(誰かは言えん)

 

こういう時、なんかやらなきゃ!

と思っていつもせん事やろうとすると

必ず失敗するから、

だからやりたくないのよ。

 

「今入れるんじゃない!」というものを先に入れてしまったり

その逆をやってひんしゅくをかったり、

落としたり壊したり、

成功したためしがない。

「がさつじゃのー!」と言われ

「おおらかなのよ」と答え

「気が利かんのー!」と言われ

「気が利く人ばかりいたらいったい誰に気を利かすんよ!」などと

憎まれ口をたたき。

しかし何を言われても

こういう時はおとなしく、慣れた人に任せる方が良い!

長年生きてきて出した結論だ。

 

さて、長年生きてきて出した結論の通りにやり

事なきをえて、

美味しいお料理をいただき

おビールをたらふくいただき

「だまったら死んでしまうのか?」

と言われるくらい喋りまくり(実際に田中店長に言われました)

楽しい送別会でした。(私はね)

 

移動する人も、

新しい道を歩く人も、

今までご苦労様でした。

ありがとうございました!

これからもきっと楽しい未来であることを願っています。

 

私もまた頑張らんと。

しかし鯛の塩釜焼きは美味しかったな。

思い出したらお腹すいたな、

お弁当たべようっと。