読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

「カープの思い出」パート2 私とカープ(松本編) ~衣笠の下敷き~

トヨタホームこころ展示場のブログへようこそ!

日本シリーズの黒田のピッチングに感動した松本です。

今年は広島で最後まで野球中継を楽しめることができました。

今回のカープの思い出は、松本が担当いたします。

 

 

兵庫県西宮市浜甲子園生まれの私、甲子園球場のお膝元と

いうこともあり、実は阪神ファンであります。

広島では隠れキリシタンのような生活を送っております。

たまに関西人と出会うと意気投合する癖があります。

 

 

そんな私のカープとの出会いは小学校3年生のときでした。

私のクラスに広島からIクンという転校生がやってきたのです。

「C」の刺繍が入った赤い帽子をかぶった少年でした。

 

 

当時の私のクラスは阪神ファンと巨人ファンが半々、

たまーに阪急ブレーブスファン(今のオリックス)が微粒子レベルで

存在しているくらいでした。

生まれてはじめてカープファンと出会って興味深々のクラスの

みんな。

Iクンは「カープはスゴいチームなんだよ」と熱く語ってくれました。

確かに当時のカープは投手王国といわれ、

大野、佐々岡、北別府、川口、長冨、紀藤など完投・完封できる

投手がズラリ。

野手も野村、正田、小早川、アレン、西田、長嶋、山崎隆造、達川

などなど、今思えば相当強力なチームですね!

 

 

リーグ戦でも巨人とカープは1位2位を争っていました。

そのころの阪神は暗黒時代と言われ、万年最下位でした。

オープン戦で西武をボコボコにして、4月5月は勝つけど

6月からは6位の座をキープするというのが当時の阪神でした。

 

 

クラスのみんなにカープの普及活動を続けるIクンは

クラスの野球好きの子に「この人は鉄人と呼ばれた衣笠だ」と

衣笠が引退したときに大量にもらったという、

下敷き(小学生の必需品)をプレゼントしてくれました。

 

 

当時私は、阪神の真弓の下敷きを使っていましたが、

せっかくもらったのに使っていないとIクンに申し訳ないなぁと

小学生特有の気遣いを遺憾なく発揮し、鉄人の下敷きを

使うようになりました。

 

 

というワケで、カープの思い出といえば

「衣笠の下敷き」を真っ先に思い出すのですが、あの下敷きの

写真とかどっかにないかなぁ~とパソコンで

「衣笠 下敷き」

で検索してみると・・・

 

 

 

 

f:id:toyotahomekokoro:20161103105954j:plain

 

 

あったあった!

ありました!

この下敷きなんですよ、懐かしい!!

ちなみに広島相互銀行は今のもみじ銀行だそうです。

まさかあるとは思いませんでした。

メルカリの出品の写真で見つけました。

300円で取引されていました。

 

 

 

f:id:toyotahomekokoro:20161103110000p:plain

 

 

Iクンのおかげで、カープの選手を知ることもできたし、

ファミスタという野球ゲームでもカープのチームを使うことが

増えました。

そして、左利きの私はカープの大野選手のピッチングフォームが

カッコよくて、キャッチボールをするときは、

よく大野の投げ方のマネをしていました。

 

 

f:id:toyotahomekokoro:20161103110021p:plain

 

 

大人になった今では、

達川のモノマネを主に居酒屋でやっています。

もし見たい方は、トヨタホームこころ展示場の

松本までお気軽にご連絡ください。

 

 

f:id:toyotahomekokoro:20161103110043p:plain

 

 

 

 

 

                           (有)