読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

こころ展示場のウッドデッキのお話し。

ヨタホームこころ展示場です。

 

今のこころ展示場は

和室とリビングがつながっています。

そのどちらからもウッドデッキに出られます。

f:id:toyotahomekokoro:20161107144710j:image

ウッドデッキはそんなにいらないかな。

と思っていた私ですが

先日お客様のお子様二人と

このウッドデッキで遊んだのです。
f:id:toyotahomekokoro:20161107144901j:image

ここで寝そべったり

絵を描いたり

シャボン玉をしたり

でんぐり返ししたり

 4才の女の子はお姉ちゃんの背中を馬跳びしてました。

 

部屋の中だとバタバタ出来ないし

でもここは、汚れも気にならないし

濡れても気にならないし

シャボン玉も出来るし

案外使えるな!と思いました。

 

ウッドデッキも良いけど

あるオーナー様はお庭に砂場を作っていらっしゃり

それも良いなー!と思います。

子どもは泥んこになって遊ぶくらいがちょうど良いです。

 

娘が幼い頃、

「洋服を汚すのが子どもの仕事よ」

と言った私。

 

それから待っていましたとばかり

泥んこになり、ビチョビチョになり

時には、ビリビリになり(破いて)

帰ってきました。

 

なにやってんの!

と怒りたい私…

けど、

ものすごく満足そうな顔で

「お母さん服汚すのが仕事って言ったもんね。汚したよー!

⚪⚪ちゃんは服が汚れるってせんかったんよ、

ものすごく面白いのに!」

と満面の笑み。

 

その満足そうな顔を見たら

洋服一枚くらい良いか、という気になります。

 

この子はずっとこんな感じで生きてきました。

結婚してお母さんになった今でも

この精神が身についている感があります。

 

小さいことは気にせずやりたいことをやる!

 

 ま、私のせいでもありますが…

女の子らしさはあの向こうの方にある感じです。

 

だからウッドデッキくらいがちょうど良いかな、と。

お洋服が汚れず

破けず

ある程度好きなことが出来て

しかもバタバタも出来るし。

 

 テーブルとイスがあれば

ステキなティータイムも作れるし

 

良い天気の日には

風を感じながら本だって読める。

 

ウッドデッキは

使いようによってはもう一つのお部屋みたい。

中でもない、外でもない

それらがゆるやかにつながる

もう一つの空間。

 

ウッドデッキ、案外ええなー!