読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

トヨタホームのお家が建つまで(こころ展示場17期編)NO2

 

トヨタホームこころ展示場です。

 

以前、17期の展示場が出来るまでの

土地を決める、間取りを決めるあたりまでを書きました。

 

間取りはだいたい決まったので

次は色決めをしましょう、ということで

初めて私も参加させていただきました。

私が、

玄関タイル!玄関タイル!

窓!窓!

と騒ぐもので

「なら中ちゃんも来んさい」ということで

打ち合わせに参加させていただきました。

 

カタログや小さい見本で進んでいく。

ん?みんなこれで分かるの?

イメージがわかん!!

待って!これがどうなるのか分からん!!

それどういう意味?

ここはどんな感じになるの?

だからまだイメージがわいてないって!

あ、もう次に行くの?

これを全体に貼ったらどうなるのだろう。

 

進行が遅れてはいけないのでなかなか聞けない。

ん?こんな感じかな?

カタログを拾って勝手にイメージ。

打ち合せは続く。

 

おっと、玄関タイルになった。

アイドル大西、

「ここは中田さんに・・」

私は、汚れが目立たなく掃き拭きがしやすい

それでいて良い感じの色合いを、と注文。

それなら、と

渡辺美里似のコーディネーターさんが

これが良いです。

カタログを指し示された。

やっぱりイメージがわかない。

もう少し細かく注文。

じゃ、これですね。

イメージがわかないんですけどそんな感じになりますか?

なります!

ほーーーーっ。

カッコイイ!言い切った。

 

みんな本当にこれでイメージ出来ているのだろうか?

プロだから,出来ているのでしょう。

 

私はない頭を果てしなく使って

目を閉じながら、

どうなるのかをイメージ・・・・・出来ない・・・

 

さりげなく設計のキムちゃんに

今のはどういうこと?と聞く。

渡辺美里似のコーディネーターさんが

それを聞き逃さず意味を説明してくれる。

専門用語で分からず、もう一度聞き返す。

簡単な言葉で答えてくださる。

 

時間くっちゃう、悪いナ

と思う。

 

分からないので、

こだわりの玄関タイル以外は口をはさまず、

みんなにまかせよう。

あれよあれよと決まっていく。

みんなプロだからそりゃあ早い。

 

さて、一通り終わったみたい。

私は、ちょっと「えっ!!」と思う外観になっちゃった。

トヨタホームではめずらしい感じ。

ちょっと平凡じゃない感じ。

 

でも打合せだから、

またいろいろ考えたり合わせたりして

少しづつ変わっていくところもあるのだと思います。

 

皆様、こうご期待!

 

あ、皆様は

トヨタホームでお家を建てられる際は

分からない事や、イメージ出来ないことは

ゆっくり聞いてくださいね。

どんな風になるのか分からないときは

理解出来るまで聞いてくださいね。

分かりやすくご説明いたしますので。

 

今回は私は良いお勉強になりました。

お客様はご自分のお家が

どうなるのか分からず、想像できず、

こんな風に不安なのではなかろうか、

と思ってしまいました。

ゆっくり、じっくり

もっと分かりやすくお家の説明をしよう。

と改めて感じた貴重な時間でした。

 

と、こんな風に打ち合わせをして

工場にオーダーをいたします。

 

地盤調査をして

基礎の工事がもうすぐ始まります。

 

そのときはまたご報告いたします。

では、また