いつまでも長く暮らせるためにトヨタホームは防錆性能にこだわりました。

本日よりお仕事って方が多いのでしょうね?^o^

私どもは違いますが・・・

 

さて、トヨタホームの構造体は「軽量鉄骨」です。

トヨタのクルマの、人間で言うところの「骨」の部分に使われている、

「カチオン電着塗装」という技術が、家にも使われています。

クルマ造りを通して「鉄は錆びる」という課題に

長年向き合って来たからこそたどり着いた「技術」。

住まいに適したさまざまな対策を行うことで、

耐久性をいっそう確かなものにしています。

鉄骨を加工した後に大きなプールのようなところにすっぽり沈めて

「カチオン電着塗装」によってしっかりと処理いたします。

このカチオン電着塗装は、クルマに詳しい方はご存知だったりします。

その加工の下は、万が一傷ついても錆の拡大をしっかり抑える

「リン酸亜鉛皮膜」になっています。

湿気が多い1階床下部分には「高耐久メッキ鋼板」に「カチオン電着塗装」を施し

溶接部を防錆テープで保護し、適切な処理で錆対策を強化しています。

いったん防錆した後に溶接を行う場合も、

防錆テープを使って丁寧に処理を行っています。

ちょっと難しい言葉が出てきて???

という方もいらっしゃるかも知れませんが

下の写真は築28年のおうちのリフォームをされているところです。

f:id:toyotahomekokoro:20130810151801j:plain

天井の壁をバキバキっと取ると新品同様のユニットフレームが現れました。

カチオン塗装のツヤが当時のままでした。

これが60年以上も続く、ということです。

 

ちょっと分かりやすく書いたつもりですが

それでも、分からなぁーい!という方は

どうぞ、展示場までお越しください。

優しい営業さんが待っていますよ^-^ゝ

 

トヨタホーム中国カンパニーのホームページはこちらです。

 http://toyotahome-saikyo.jp/