たまには、昔のことでも思い出してほっとひといきつきませんか? 


 かたいなぁ~!

最近、ブログがかたいなぁ~!!

かたいのは10回に1回でいいんちゃいますか。

ブログご覧いただき、ほんまおおきに~ ^o^

いえね、京都弁ならやわー聞こえるンちゃいますか、思うてね。


その昔、兄は京都の大学に行っていて

私が中学生か高校の1年くらいの頃

両親と、兄に会いに京都に行きました。

その時、私は両親とけんかをしてしまいました。

けんかというより私が一方的に腹をたてたんじゃあなかったかな?

よく覚えていませんが、

そして、まったくお恥ずかしい話しですが、

田舎者の私は、その時たぶん

両親の、それまた 田舎者ぶりに腹をたてたような記憶があります。

ほんと、お恥ずかしい 小さい心の持ち主でありました。

しかしながら、ちょうど思春期で

田舎者と悟られるのが嫌な年でもありました。

許してください。


その時、ちょうどお昼時で

兄のアパートの近くにお昼ご飯を食べに行きました。

「はー=3」などと思い、扉を開け席につきました。

「おいでやす、なんにしはりますか?」

と、「お~!」と驚くほどの まさにこてこての京都弁で

ゆっくりと、そしてにっこりと やさしいイントネーションで

迎えられました。

私は思わず、しかめっ面をくずし

そして、なんといいましょうか

顔の筋肉が ホッとゆるむのを感じました。

「なんで機嫌を悪くしていたんだろう、」と。

こんなにゆったりとした時間が流れるとこで

自分の気に食わないことで怒っている自分が、自分でないような

急に第3者になって、「あなた何を怒っているの」と聞く側になったような。


私は帰って兄に話しました。

「この辺は京都の中でも独特な京都弁やからなぁ」と言いました。

「ここが独特な京都弁で良かった」と思いました。

私が少し大人になった瞬間でした。

それがどないしたんや、って感じですが


ブログがかたいばかりじゃ楽しくないかと思い

私が、自分の迎え方ひとつで相手も変わることがある

と学んだことのお話をいたしました。



しんどい時とか、忙しい時とか

はたまた、店長にお説教いただいた時などに

肝にめいじています。

迎える側の事情で、お客様への態度が変わってはいけない。

私の態度しだいで、お客様を笑顔にもさせるし不愉快にもさせる。

万が一不愉快な気持ちでおいでいただいたお客様が、笑顔になってくださったなら

私は、あの京都弁に少しでも近づけるのかも知れません。


皆様も、ほっとしはりまへんか? ^_^