人という字は支えあっている?公園の木々たちに学ぶ。

はい、みなさん、いいですか~! え~、まずぅ

人、という字は~

人と人が支えあって「人」という字になります。


金八先生が言っていましたが・・・


実は人という字は人間が腕をたらして立っている様子なのです。

人は一人で立って歩いていくものなのです。

しかし、一人では生きてはいけない。


止まる 事が少ない と書いて 歩く、

人 の為 と書いて 偽り。

人の為にしていることは、実は偽りなのか、

実は自分自身のためにしているのか、

などと、若き学生の頃もんもんと考えた事はありませんか?


いやー!漢字は深いですね。


あ、こんな事を書こうと思ったのではないのです。


字がうんぬんという前に

やはり人は一人では生きていけないのではあるまいか?

と思っています、

誰かに支えられたり、助けられたり

誰かをまた、支えたり助けたり・・・

そうして周りの人と係わりを持って皆、生きています。

どんな人だって一人で立つことは出来ても

自分一人では生きられないのです。


こころ展示場の歩道の横や公園の木々たちだって

自分の意思ではないにしても、支えあっています。

f:id:toyotahomekokoro:20140803142107j:plain

f:id:toyotahomekokoro:20140803142119j:plain

この支えられている木は

そして、支えている木は

何を思うのだろう。


だからー、なんも思わんよ。・・・って言わんの!


私はいつも、この不自然な形の木々たちを見て

まず、1本1本こうするのは大変だっただろうに。と思います。


支える木は「なんで支えなきゃならんのだ?」

と思っているか

いや、むしろ一度その生涯を終えた自分に

新たな役目が来た事を誇らしくすら思っているのではあるまいか?

またその新しい第二の生涯が終わるまで、この生木を支えていくのです。

そして支えられている方の木は

その役目に答えて、りっぱに成長していこうとするのではなかろうか・・・などと

また、いつもの妄想が・・・


「絶対支えてみせるゾ!」

「絶対答えて成長してしてみせるゾ!」

と聞こえます。


そう、私たちだって

何かに「絶対答えてみせるゾ!」

と歯をくいしばることをしてみたい。

だって、支えてくれている人が回りにいるのだもの。


こころ展示場の周りの木々たちを見て

こんな事を考えるのは、私くらいかな?