「消費税率10%を前に高まる“買い時”感」

台風が来ていますが

皆様、住まいの周りは整理して

自分の何かが飛ばされてしまい

人に迷惑をかけたりしないように、確認をしておきましょう。


さて、私の愛読している「いえ括通信」

今回は「消費税率10%を前に高まる“買い時”感」が1面でした。

2015年10月に消費税10%への増税が予定されています。

5%から8%になり、さらに10%への増税ですが

住宅という、一生でもっとも高い買い物だけに

負担増は大きくなることは間違いありません。

いえ括通信では、

消費税が増税される前が住宅の“買い時”だ、としています。

10%への増税は2015年10月から予定されています。

ただ「あと1年以上ある」と考えるのは早計です。

実はそれほど時間はありません。

注文住宅の場合は打ち合わせに時間がかかるだけでなく

プランなどが決定してから着工しますから

その建設期間も考えなければなりません。

ですから増税までのスケジュールをしっかり把握し

早めに動くことが重要です。

今回の増税も8%の増税時と同様に経過措置が設けられています。

経過措置とは、新しく別の法律や制度に移行する際に発生する不利益や不都合などを

極力減らすためにとられる一時的な措置や対応のことです。

その辺もしっかりチェックしておきましょう。

ただ、前回もあったようですが

増税前の駆け込み需要で

建築期間が従来よりよけいにかかる可能性もあります。

ですから増税前の住宅取得を考えている人は

もしものことを考えて「3月末までの契約」をひとつの目安にしましょう。

としめてあります。

始めに言いましたが、「いえ括通信」の引用になります。


もちろん、経過措置が確定したら

少しでも早くブログりたいと思います。


今は、住宅ローン金利も低水準ですから

その辺も“買い時”の一つでもあると思います。

お家を持つのは、いろいろ大変ですが

お家はやっぱり欲しいですよね。

ご自身に合った時期をしっかり見極めて

ステキなマイホームの夢をかなえてくださいね。


トヨタホームがお手伝いいたします。

トヨタホーム中国カンパニーはこちらです。

http://toyotahome-saikyo.jp/


チェッくま君はこちらです。

f:id:toyotahomekokoro:20140501134222j:plain

よろしくね!