「すまい給付金」と「ローン減税」の入門編。

トヨタホームこころ展示場です。

さて、今回はかるーく「すまい給付金」と

住宅ローン減税」についてお話しいたします。

私も最近お勉強いたしましたので

詳しくお知りになりたい方やある程度知っている方は

全然役に立たないでしょう。

「入門編」ということで・・・

実は私もなんとなく意味は分かるものの

恥ずかしい話し、本当の意味は最近知りました。

 

まず、消費税が引き上げられるにともない

住宅ローンの控除額が10年間、年間20万円から40万円に引き上げられます。

これが「住宅ローン減税」です。

(後で、私にも分かるように書きます)

しかしこれは、高所得者の方は効果を受けられますが

「がんばってお家を建てたんだぞ!」という方には

その恩恵を十分に受けることは出来ません。

 

がんばってお家を建てたのに、消費税増税で追い討ちをかけるのか!

そこで増税の負担を減らすために一定要件のもと

収入が一定以下の方を対象に、給付金を支給するという制度が出来ました。

これが「すまい給付金」です。

 

さて、先日

「最大控除額が10年で200万円から400万円になるってどういう意味?」

「何がどのくらい得なの?」

と営業さんに聞きました。

素人です・・・・・

 

素人の私が把握できた範囲でお話しいたします。

まず、「住宅ローン控除」というものがあり

年末にローン残高の1%を、所得税から10年間控除する、というものです。

所得税で控除しきれない分は市民税からも控除されます。)

それが1年、20万から40万になった、それを「住宅ローン減税」と言います。

つまり、

お家を買って、その残が例えば年末に4500万円あるとし、

年間に支払った所得税が40万円だったとします。

控除額が20万円だと、戻ってくるのは20万円ですが

控除額が40万円だと、40万円戻ってきます。

得ですよね!

所得税が40万円に満たないと市民税からも控除してもらえます。

そして10年だと400万(10年後も4000万円の残があったら、です)

もし年末に残が3500万円になっていたら

1%なので35万円の控除となります。

残が2500万なら、25万円です。

もし例え、4000万円ローン残があっても

支払った税額が40万円に満たないと40万円は出ません。

だから高所得者に有利というわけです。

 

だいたいそんなに借りてないし!

そんなに所得もないし!

得にならんじゃん!

 

というわけで「すまい給付金」が設けられました。

 

「すまい給付金」を受ける要件としては

①住宅の所有者(不動産登記上の持分保有者)

②その住宅に居住するものであること

③収入が一定以下であること

・ 住宅の要件は床面積が50㎡以上

・ 給付申請書を作成し、確認書類を添付し申請すること

です。

収入については、

収入額の目安が

消費税8%だと510万円以下の方を対象に最大30万円

消費税10%だと775万円以下の方を対象に最大50万円

となっています。

 

給付額は、年収・税額・住宅の金額などによって異なってきますので

詳しくは展示場の営業までご相談ください。

 

「住まい給付金」は申請者が自ら受領することが原則ですが

住宅事業者が申請者の代わりに給付金を受領する

代理受領を行うことも出来ます。

その場合、給付金を住宅購入額に充当できるので

給付金をはぶいた額を支払えば良いわけです。

  

なんかこんな事みんな知っているのかも知れませんが

私みたいな人もどこかにいるでしょう?

奥様とか多分あんまり意味が分からないのでは?と思い

したためてみました。

 

長期優良住宅は、控除額が

10年で、最大300万円から500万円になります。

ちなみに、トヨタホームは、標準で

申請していただけば、長期優良住宅が取れます。

 

トヨタホーム中国カンパニーはこちらです

http://toyotahome-saikyo.jp/

詳しくは営業さんにお尋ねください