トヨタホームこころ展示場連載企画!「カープの思い出」パート1 私とカープ(中田編)

 

トヨタホームこころ展示場です。

 

とある日、松本Sが

「中田さーん!ええ企画考えました!」

と帰ってきました。

「なん?」 と私。

「こころ展示場のブログの企画です。

全員バトンタッチで書くんです。

連載ですよ!

カープの思い出の!」

めっちゃええ事思いついたやろ!のドヤ顔。

 

ははーん、こりゃ自分にええ思い出があるんじゃ。

と悟った私。

さっそくみんなより先に聞かせていただきました。

 

「でも店長書くかね?」

「・・・・・・」

 

「書かせよう!今回は書いてもらおう。」

 

というわけで

企画発案松本プレゼンツ

カープとの思い出」の連載決定!(勝手に決定!)

 

というわけで

1番バッター中田

 

しかし、あえて思い出そうとしても

なかなか・・・

 

前、書きましたが

幼いころ父がテレビの決定権を持っていたので

私は見たいテレビが見られず

野球をむしろ憎んでいました。

まあまあ。

子供だったので仕方ないです。

漫画やバラエティやドラマが見たかったのですから。

 

カープを意識しだしたのは

東京に行ってからです。

広島を離れ、広島を思う

という感じですかね。

 

当時私は父の紹介で

TBSのスポーツ部というところでアルバイトをしていました。

その前はニッポン放送で半年アルバイト。

そういうところなら間違いはないだろう

という田舎ならではの父の考えでした。

 

スポーツ部ですから当然カープという言葉を何度も聞くわけです。

野球に興味のない私が

広島を懐かしく思い、だんだんカープを意識するようになり

順位を気するようになりました。

確か、意識し始めたときは順位は下の方でした。

4位か5位くらい。

 

毎日ゲーム差と順位ともろもろ張り替えていくのですが

少しづつ少しづつ上に上がっていきました。

それを私は嬉しい気持ちで見ていました。

その時は確か古葉さんが監督さんだったと思います。

高校を卒業して1年くらいで

私はみんなにかわいがられました。

今とは大違いです。

ま、見た目も大違いですが。笑

ついでに言いますが

時給も、何年もたった今とほとんど変わりません。

おーい!聞いとるかーーー!

あ、すいません。

 

カープが少しづつ順位を上げ

1・2を争うようになった頃には

私はカープが大好きになっていました。

山本浩二さんや衣笠さんがいたころです。

北別府さんや高橋慶彦選手もいたと思います。

すいません、このころの記憶は少しあいまいです。

あ、決して年をごまかそう、

などと思ってあいまいにしているわけではありません。

忘れたのです。

結局年だから?ってこと? えーーーー!!!

 

その頃はカープは強かったと記憶しています。

 

子供たちが野球をやっていたこともあり

小学生のころには旧市民球場にも何度か行きました。

ウェーブしたりしていたのですよ、その頃は。

いまの応援はどうなっているのでしょうね。

7回に風船を飛ばすってことくらいしか知りませんが・・・

今はこんなんもらえるらしいです。

f:id:toyotahomekokoro:20161031123129p:plain

応援に行った人からぶんどった・・

あ、いただいたカープの傘

とアイドル大西ちゃんの持ってきたカープ帽。

 

子供が大きくなって球場に行くこともなくなり

野球を見ることもなくなり

カープが身近ではなくなって来た近年

まさかテレビを見ながら

大声で声援を送ることになろうとは。

 

今年のカープには魅了されました。

にわかカープファンではありますが

これからも少しでも長く応援したいと思います。

 

カープ、と聞くと

TBSの壁に貼ってあった野球の順位を

チラ見していたあの若かりし頃を思い出します。

私のカープの思い出です。

1番バッターがこんな感じですいません。

 

けれど、広島出身というと

当時は

ヒバゴンって本当にいるの?

見たことあるの?」

と聞かれていました。

いるかー!

 

さて、来年もかーぷ、

活躍しますように!

 

次の連載をこうご期待!!